インビザライン 部分矯正 抜かない矯正

矯正治療の流れ(矯正開始までの流れ)

投稿日:

1、無料カウンセリング

矯正治療の流れ

「矯正したいなぁ」と思っても、沢山の矯正治療方法の中で、自分の歯並びにはどの治療が可能なのか?どの治療法が向いているのか?は良く分かりませんよね。

矯正カウンセリングでは、

  • 患者様がどこを気にしているのか?
  • それを治すにはどんな治療が向いているのか?
  • その場合の大体の料金
  • その治療法のメリットデメリット

などの内容について情報を整理し、大体の治療内容や流れをお伝えすることができます。
矯正に興味が湧いたら、まずは無料でカウンセリングを受けてみましょう

2、精密検査(40,000円~税抜)

精密検査

矯正治療を決意したら、精密検査の予約をしましょう。
約30分で、レントゲンの撮影や歯型採りを行います。
収集した資料から、細かい治療計画を検討します。

3、結果のお話

結果のお話

検査結果を基に作成した治療方針の計画書をお渡しします。
矯正治療期間についてなどの治療計画や、治療中の注意事項などについて詳しくお話しします。

4、結果のお話まで終わったら…

いよいよ矯正治療のスタートです。

治療方法によっては、患者様専用の装置の作製準備から必要な場合もあるので、手順が変わります。
矯正治療開始までの流れを見てみましょう。

部分矯正:ワイヤー治療の場合

部分矯正装置1

(1)装置付け

部分矯正の中でもワイヤー矯正の場合は、検査結果のお話後いつでも開始可能です。

※急を要する虫歯治療などの必要がある場合は、それが終わり次第矯正治療を開始します。

→部分矯正治療の流れについてはこちら

部分矯正/全体矯正:マウスピースのみでの矯正の場合

部分矯正/全体矯正:マウスピースのみでの矯正の場合

(1)虫歯治療や親知らずの抜歯

虫歯治療について:マウスピース矯正は、あらかじめ全てのマウスピースを作製して行う方法です。途中で治療を行い歯型が変わってしまうと、作製していたマウスピースが使えなくなってしまうので、マウスピース作製前に治療を行う必要があります。

親知らずの抜歯について:矯正開始前に抜歯もしくは生え方によっては矯正治療と並行して抜歯する事も可能です。

(2)マウスピースの作製

歯型を採り、マウスピースの発注。

(3)マウスピースが届いたら矯正治療開始

発注から1ヵ月程でマウスピースが届きます。

→インビザライン矯正についての流れについてはこちら

全体矯正:ワイヤー治療の場合(拡大装置ヘリックスを使用する場合)

(1)虫歯治療と親知らずの抜歯

虫歯治療について:急を要する虫歯箇所は矯正治療前に行います。
隣接面などの虫歯は矯正途中や矯正後の方が治療しやすい場合もあります。

親知らずの抜歯について:多くの場合で矯正治療開始前に抜歯が必要です。

(2)拡大装置ヘリックス作製の為の前準備

非抜歯による矯正治療が選ばれている理由

装置が完成するまでに、サイズ合わせなどの前準備で2回程ご来院頂きます。

(3)完成次第、装置付け

前準備開始から完成までは大体1.5~2週間程かかります。

→非抜歯ワイヤー矯正治療の流れについてはこちら

-インビザライン, 部分矯正, 抜かない矯正
-,

Copyright© 歯列矯正カフェ , 2019 All Rights Reserved.